お知らせ詳細news

3月11日。震災から10年。感謝と決意。
2021.03.11 メディア

福島のお米農家、御稲プライマルです。
皆さま、いかがお過ごしですか?

おかわりございませんか?

本日は、3月11日です。
震災から10年と言う節目。
つい先日の夜中、「もう地震は嫌だよ・・・」と
また心がぎゅーっと痛くなりました。

10年前の今日を強烈に思い出しました。

鍵がロックされた状態で開いている窓サッシ。
四方に散らばった粉々のぐし瓦。鳴り止まないサイレン音。
当時の福島県は、地震・津波・原発の3つの被害があると
言われていました。

ほどなくして、4つ目の被害である”風評”が加わりました。

物質的な回復は時間や技術で補えますが、目の当たりにした
冷遇や差別や偏見は何かで修復できたのでしょうか。

「人の心が開けた穴は、人の心でしか埋められない」

つくづくそう感じる10年間でした。

ファンドや展示会、商談会や販売イベント等々で出逢ってくださった皆様。
皆様が、「良いものは良い!」「美味いものは美味い!」

「堂々と自信を持ってよい!」と背中を押して下さった
おかげで、今がございます。本当にありがとうございます。

皆様との繋がりが、歩みを進める原動力となりました。

この大きな感謝は文字だけでは表現しきれません。
これから私たちは、新たな取組みにチャレンジします。
その姿を皆様にご覧いただくことが、

私たちの恩返しだと思っています。

社会全体が疲弊化している今、腸活や免疫力アップなど
発酵食品の注目度が高まっています。

今だからこそ、東北福島の米文化が生み出した
358(サゴハチ)を多くの方にお届けしたい!と強く思っています。

 

■新たな挑戦 ※3月11日11時

https://camp-fire.jp/projects/view/398868

御稲プライマル
スタッフ一同