大地の恵みを食卓へ。

御稲プライマル株式会社

平成二十年度 新嘗祭新穀米献納

minpouH200526.jpg

平成二十年度 新嘗祭新穀米献納

御田植祭(おたうえさい)

十一月に行われる宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」の献穀者に、本県から選ばれた本宮市の農業後藤勇さんの御田植祭は二十五日、後藤さんの水田で行われた。

農業、行政関係者、市民ら約二百人が出席。神事を行い後藤さん、佐勝嘉重本宮市長、 高松義行同市議会議長、菊地正一JAみちのく安産組合長、増子輝彦、金子恵美両参院議員、 広比雄一県県北農林事務所長、佐藤政隆県議らが玉ぐしをささげた。

後藤さんと妻良子さん、家族など七人が早乙女姿でコシヒカリの苗を植えた。 後藤さんは「(献納でさることは)名菅あること。地域の農業振興、発展につながれば」と話していた。

新嘗祭は各都道府県の農家が献納する伝統行事。献穀米献納式は十月下旬に皇居で行われる。

新嘗祭とは?

新嘗祭(にいなめのまつり、にいなめさい、しんじょうさい)とは、 その年の収穫を感謝し、新穀を供えて神を祭る稲作儀礼です。「新」は新穀を「嘗」はご馳走を意味します。 毎年、十一月二十三日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、 宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われます。

この日、宮中では、天皇が感謝をこめて新穀を神々に奉るとともに、 御自らも召し上がります。

otauesai(2).pngniinamesai.jpg

-- 平成20年5月26日発行の「福島民友」より --

抜穂祭(ぬきほさい)

新嘗祭の起源は古く、日本書紀では、皇極天皇元年(642)の11月26日に新嘗祭の記述があります。『古事記』にも天照大御神が新嘗祭を行ったことが記述されています。現在では、「勤労感謝の日」として、国民の祝日となっており、その由来は、命の糧を神さまからいただくための勤労を尊び、感謝し合うことだと言われています。

また、天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭を大嘗祭(おおにえのまつり、だいじょうさい)と呼びます。一代一度限りの大祭を斉行することで、新しい天皇は真の天皇になると信仰されていたのです。

nukihosai.png niinamesai02.jpg sinnji.jpg

-- 「福島民友」に掲載された記事 --

献穀米献納式(けんこくまいけんのうしき)

無事に献納を終える事ができましたのは、天候に恵まれ、清らかな水と肥沃な大地に恵まれているおかげだと改めて強く感じました。

皆様への感謝を忘れず、今後も、農の道を真摯に歩んで参りたいと思います。

kenkoku.jpg
kennnousiki02.jpg

10月のイベント案内(その1)

秋の空気を感じられるようになってきました! 食欲の秋...

秋のイベント目白押し

下記イベントに参加します! ぜひ皆さまお越しください...

「五百川」新米の販売開始!

8月も後半になり、いよいよ早場米「五百川」の収穫が近...

お祝い事に、お赤飯!

4月は、新入学、新社会人、新生活と様々なスタートの...

三五八 簡単レシピ!

お野菜はもちろんのこと、お肉・お魚にも応用できます...

豚丼

お肉屋さんと共同開発した「本宮ブタ丼」です。 豚肉は...

コシヒカリから 生まれた お酒

酒造りには山田錦などの「酒造好適米」を使うのが常識で...

天の粒

天の粒は、穂が出るときには天に向かってまっすぐ伸び...

コシヒカリ

コシヒカリは、粘り、つや、香りが優れ、弾力があり、冷...

もち米

もち米の最高級品 コシが強く歯切れがよい、コシヒカ...